埋没法と切開法の違いって?

埋没法とはメスを使わない整形のこと

埋没法とは、目を二重にする美容整形です。埋没法とは俗にいうプチ整形のことをいいます。埋没法は、糸を使ってまぶたの裏側を何点か留めることで、まぶたが二重になるようにする方法です。プチ整形なので切開法に比べて価格が安く、ダウンタイム(腫れや痛みが生じる期間のこと)も少ないのが特徴です。埋没法のメリットは、やはり手軽に出来ることです。ただし、プチ整形のため効果は永久的に持続はしません。また、まぶたの脂肪が多いと二重にならなかったり、すぐに糸が取れてしまうことがあります。まぶたの脂肪が少ない人やナチュラルな二重にしたい人、顔にメスを入れることに抵抗がある人などは、埋没法が向いている施術方法といえるでしょう。

切開法とはメスを使う整形のこと

切開法とは、メスを使って皮膚に切り込みを入れて縫い合わせることで二重にする方法です。埋没法に比べてデザイン性があるのが特徴です。埋没法はまぶたを糸で留めるだけなので、二重の幅を大きく変えることは難しいです。しかし、切開法は二重の幅を自由に決めることが出来ます。そして、切開法には部分切開と全切開があります。どのような二重にしたいかによって選択する方法が変わってくるため、施術をするときはしっかり医師と相談をしましょう。切開法のメリットは効果が持続すること、そして二重のデザイン性の自由度が高いことです。そしてデメリットはダウンタイムが長いこと、やりすぎてしまうと修正が難しいことなどが挙げられます。
どちらの施術方法もメリットとデメリットが存在します。どのような効果を得たいのかによって、施術方法を選択するようにしましょう。

美容皮膚科はニキビを潰したあとに残ってしまった赤みやクレーターなどを特殊なレーザーを使って肌の細胞を回復して綺麗にしてくれます。