本当は一番重要!執刀ドクター選び

美容外科医は、医師免許さえ所持していれば誰でもなれる

美容外科医は、専門の資格を必要としません。そのため医学部を卒業して医師免許さえ所持していれば、誰でも簡単に美容外科医を名乗れるのです。美容外科医へ転身する人は、形成外科を専攻していた医師が多いです。形成外科は、体の欠損を補うことを主な仕事にしているため、美容整形を行いやすいのが理由でしょう。しかし、美容整形は形成外科で行う手術とは似て非なるものです。形成外科は足りないものを補いますが、美容整形は元からあるものを別のものへ変化させることが目的だからです。美容整形を行うためには手術をするための技術力だけではなく、美に関する知識やセンスなども必要になります。外科医としての経験だけではなく、美容整形自体の経験も必要になるということです。

美容整形の手術経験を重視して選ぶ

執刀ドクターがどれだけ外科手術の経験が豊富であっても、美容整形の経験が豊富でなくては意味がありません。全く意味がないわけではないですが、形成外科などで行う外科手術とは内容が異なります。患者の要望に合わせて見た目を変えるため、美に関する知識やセンスを持っていないと難しいのです。なかには形成外科としての経験が浅いのにも関わらず、手術を行っている悪質な医者もいます。そのような医者が行った手術では、仕上がりがきれいではなかったり、ダウンタイムが通常よりも長いなどのリスクが生じます。最悪な場合、修復が不可能なほどの仕上がりになり、整形をする前よりも酷くなってしまうこともありうるのです。そうならないためにも、執刀ドクターの美容整形の経験がどの程度のものなのか、そのことを判断基準にすることは重要なのです。

豊胸とは胸が小さくくて悩んでいる方が、シリコンなどを入れてもらい胸を大きくすることです。医師とよく相談して、要望を伝えることが大事です。