前向きになれる!二重整形体験談集

埋没法で二重にした人の体験談

私は物心ついたころから自分の目が嫌いでした。目が一重なだけで目つきが悪く見えますし、周りの視線なども気になって仕方がなかったです。怒っているわけでもないのに怒っていると勘違いされてしまったり、睨んできて感じが悪いと思われることもしばしばあったのです。それによって人と関わることがどんどん嫌になり、コミュニケーションを取ることを諦めるようになっていきました。高校生になってからはアイプチを使って毎日目を二重にしていたのですが、時間や手間がかかります。そのため、大学生になってからバイトをしてお金を貯めて、埋没法で目を二重にしました。毎日アイプチをしなくてもよくなったので楽です。そしてなにより、すっぴんでも二重のままなのが嬉しいです。自分に自信が持てるようになり、積極的に人とコミュニケーションを取るようになりました。それにより、性格も明るくなったと感じています。

全切開でパッチリ二重にした人の体験談

私の目は元々二重でした。しかし奥二重だったため、パッチリとした二重ではなかったのです。それでも、私は自分の目をさほど気にはしていませんでした。高校生になると周りの子たちがオシャレに興味を持ち始め、私もその影響でオシャレをしてみたいと思うようになっていったのです。私は、友達が学校に持ってきた雑誌を見てショックを受けました。雑誌に載っているモデルの子たちは皆目がパッチリとした二重だったのです。私は今まで自分の目を気にしたことがありませんでしたが、それからはパッチリとした二重に憧れを抱くようになったのです。二重にしたいと親に相談したところ、自分のお金でするならいいと許可を得ることが出来ました。そして私は、夏休みの間バイトをたくさんして整形費用を稼ぎ、全切開で目を二重にしたのです。憧れのパッチリ二重を手に入れた私はメイクやファッションにどんどん興味を持っていき、今は美容関係の仕事に就いています。

整形とは体や顔にコンプレックスのある方が、好みのタイプに施術してもらうことです。医師に要望を伝え、良く話合う事が大事です。