出血や腫れ具合経過の体験ブログ

切開手術の手術当日からその後の経過観察

切開手術は効果も永久なので、こまめにメンテナンスをするのが苦手という人にはお勧めの手術です。しかしこの手術は腫れや内出血が引くまで個人差はありますがおよそ2週間前後かかります。手術して数日は仕事を休むように言われる場合もあります。切開も小さく切る場合と全体的に切開して縫い合わせる方法があり、切開の具合で腫れや内出血の具合も異なります。まず手術当日は無き晴らしたように瞼は腫れ内出血します。痛み止めを処方され、瞼を増やして早く腫れが引くようにアフターケアをしましょう。腫れは4日までは目立ちます。サングラスをして紫外線に触れないようにしましょう。メイクは腫れが引いてからになり、血行を促進させるアルコールや長時間の入浴、激しい運動はできません。

完全に炎症が引くまで3か月から1年はかかります

切開後、1週間から2週間で大きな腫れは収まり、メイクもできます。しかし、感染症や炎症が酷くなった場合、更に治療には時間がかかります。二重のデザインを広くすると術後の腫れが目立ち炎症が収まるまで時間を要する場合がありますが、小さく切開した場合も体質によっては腫れが目立ってしまう場合があります。埋没法の場合、1週間は腫れますが殆ど腫れは引き、手術直後でも切開よりは腫れは目立ちません。ですが目を大きく目立たせたい場合は切開のほうが効果があり、メンテナンスも行う必要はありません。メイクをしてもかなり大きくハーフのようにはっきりとした目元になれます。仕事をしている人は腫れが目立つのは大変ですが、しっかりとアイシングをして衛生的にすれば炎症も酷くならずきれいな二重になれます。

美容外科とは、体や顔のコンプレックスを施術をしてもらうことです。いろいろなプランがあるので、よく相談することが大事です。